【過去問】さいたま市 社会人採用(論文試験)出題テーマ一覧


はじめまして。

公務員試験「社会人採用」専門予備校Gravityです。

さいたま市(民間企業等経験者採用)論文試験における過去の出題テーマを掲載しています。

効果的な論文対策を進める上では、過去問の分析や実際の演習が欠かせません。

以下の過去問を参照し、日頃の論文対策にご活用ください。

1.試験概要

試験時間:60分

文字数:1000字程度

備考:論文試験は2次試験で実施される

2.過去の論文課題 (※「行政事務」の出題テーマ)

◆2006年

あなたがこれまで民間企業等で培った能力や経験を今後、さいたま市政にどのように活かしていくのか述べなさい。

◆2007年

これまでの職務経験を通して身につけた能力や知識等について、 さいたま市職員としてどのように発揮したいか述べなさい。

◆2008年

これまでの職務経験を通して身につけた能力や知識等について、具体的な事例を挙げて述べなさい。また、その能力や知識等をさいたま市職員として、どのように発揮したいか述べなさい。

2009年

これまでの民間企業等における職務での失敗事例をあげ、それにどう対応したか具体的に述べなさい。また、それらの職務経験から学んだことを、さいたま市職員としてどう生かせると考えるか述べなさい。

◆2010年

厳しい社会経済情勢の下における企業経営と地方公共団体(さいたま市)の経営の違いと、これからのさいたま市はどうあるべきかを、これまでの民間企業等の勤務経験から具体的事例を挙げて述べよ。

◆2011年

職務経験の中で意欲的に取り組んだこととその成果、それによって身に付けた能力等について具体的に述べるとともに、それを活かして市政のどのような課題に取り組みたいか述べなさい。

2012年

これまでの職務を通じて培った能力や経験をさいたま市職員として、どの分野の仕事で、どのように発揮していきたいか述べなさい。

2013年

あなたのこれまでの職務経験から学んだ「仕事における危機管理対策』」について述べ、その経験をさいたま市職員としてどのように活かすことができるか述べなさい。

2014年

さいたま市長は、行財政改革の目指す方向性として、「高品質経営」市役所への転換を掲げているが、あなたが考える「高品質経営」とは何か。あなたの民間企業等での勤務経験を踏まえて述べなさい。

◆2015年

あなたが民間企業等での勤務において、時流に先んじて取り組んだと考える事例について(支障のない範囲で)述べ、これから得られた経験をさいたま市政にどのように生かしていきたいと考えているか、述べなさい。

◆2016年

さいたま市長は、日頃から職員に対し「さいたま市役所は市民一人ひとりの幸せコーディネーターである」と伝えていますが、あなたがこのことを本市で実践するとしたら、どのような取組みができるか、あなたの民間企業等で得た勤務経験をもとに具体的に述べなさい。

2017年

これまでの職務経験を通して得た能力や知識について具体的に述べるとともに、その能力や知識等を、さいたま市職員としてどのように活かしていきたいかを述べなさい。

2018年

さいたま市では、市民サービスの向上やコスト削減等を図るため、公民連携の推進を図っているところですが、あなたの民間企業での経験から、今後どのような公民連携が考えられるか述べなさい。

◆2019年

働き方改革により、さいたま市も、新たなICT技術を利活用するなど業務の効率化を図り、職員が働きやすい職場環境づくりを進めていますが、さらに働き方改革を推進していくための有効な取り組みについて、あなたの民間企業等での経験を踏まえて述べなさい。

2020年

さいたま市では「自ら主体的に学ぶ姿勢」、「職員相互に育て合うこと」、「さいたま市への想い」を人材育成の基本としています。
後輩職員等の人材育成を考えたとき、仕事を進めていく上で重要なことは何か、あなたの経験を交えて述べなさい。

2021年

多様化する市民ニーズに対応するために市民サービスや行政の生産性の向上を図っていく必要がある。あなたのこれまでの職務経験で、生産性を向上させた事例を挙げ、その経験から得たことをさいたま市職員としてどのように生かすことができるか、あなたの考えを述べなさい。