【過去問】熊本市 社会人経験者採用(論文試験)出題テーマ一覧


はじめまして。

公務員試験「社会人採用」専門予備校Gravityです。

熊本市の採用試験(社会人経験者等採用)論文試験における過去の出題テーマを掲載しています。

効果的な論文対策を進める上では、過去問の分析や実際の演習が欠かせません。

以下の過去問を参照し、日頃の論文対策にご活用ください。

1.試験概要(一般行政区分)

試験区分:事務職は「事務職A」・「事務局(情報)」・「事務職(法務)」に分けられ、必要な職務経験と資格がそれぞれ異なる。

試験方法:論文試験は二次試験で実施される。

試験時間: 90分

文字数:1200字以内

2.過去の論文課題 (※「事務職A」の出題テーマ)

2016年

民間企業等での従事経験や知識技能を活かし、熊本地震からの復興を目指す熊本市の職員として、どのような分野で貢献していきたいと考えているか。

2017年

これまでの社会人経験において、時間的、人的、予算的な制約などがある中で、与えられた目標を達成するために心がけてきたことを述べた上で、熊本市職員として、そのノウハウをどのように活かせると考えているか、1,200字以内で述べなさい。

2018年

住民サービスについて、市民が地方自治体に期待する事業(サービス)と、民間企業に期待する事業(サービス)とがある。また、官民が協働で行った方がよい事業(サービス)もある。住民サービスについて、地方自治体と民間企業との役割分担、官民の協働事業とはどうあるべきか。あなたの考えを1,200字以内で述べなさい。

◆2019年

昨今、働き方改革が重要な課題となっている。市民サービスの質を落とすことなく市職員の働き方改革を進めるにはどうしたらよいか。1,200字以内で述べなさい。

◆2020年

本市の地域振興のために、今ある本市の企業、事業者の活力をどう生かすか、また、本市の地域資源や地域ブランドをどう活用していくか、あなたの考えを1,200字以内で述べなさい。

3.過去の集団討論の課題(※「事務職区分」でのテーマを掲載)

  • テーマが複数ある場合は、グループごとにその中の1題が出題される。

◆2016年

  • 社会情勢が目まぐるしく変わる中では、組織のリーダーには様々な条件が必要とされてきます。組織のリーダーの条件とは何だと思いますか。グループで話し合い、意見をまとめなさい。

◆2017年

  • 20 代、30 代の若者が働く場を求めて市外に転出することが多くなっているが、多くの人に熊本市に住み続けてもらうためにはどのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

◆2018年

  • だれもが平等に参画できる社会の実現に向けては、市民一人ひとりが人権問題を自らの課題として受け止めることが重要です。そこで、だれもが社会の一員として、家庭、職場、学校、地域などでわけ隔てなく参画できる社会を築き上げていくためには、どのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
  • 本市は、平成28年熊本地震からの早期の復旧・復興のためには、市民・地域と行政の協働による推進が重要です。そこで、「おたがいさま」で支え合う協働によるまちづくりを推進するにはどのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

◆2019年

  • 若い世代に働き先として本市が選ばれ、安心して働き続けることができるためにはどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
  • 近年、集中豪雨や地震などの自然災害が全国各地で頻発している。地域防災力の向上のためにはどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

◆2020年

  • 近年、海洋プラスチックごみ問題を含めた環境問題が深刻さを増している。市民一人ひとりが環境問題への責任と役割を自覚し、行動するために、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
  • 政府は、ワークライフバランスの実現に向けて、「長時間労働の是正」や「労働環境の多様化」といった「働き方改革」を推進している。働く意欲のある職員が仕事とプライベートの両方を充実できるような「働き方」とはどのようなものか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
  • 我が国では、未婚化、晩婚化、出生率の低迷などに伴い、少子化が進行している。少子化が自治体に与える影響を考えるとともに、どのような対策が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。