【過去問】香川県 職務経験者採用(論文試験)出題テーマ一覧


はじめまして。

公務員試験「社会人採用」専門予備校Gravityです。

香川県庁の採用試験(職務経験者採用)論文試験における過去の出題テーマを掲載しています。

効果的な論文対策を進める上では、過去問の分析や実際の演習が欠かせません。

以下の過去問を参照し、日頃の論文対策にご活用ください。

1.試験概要(一般行政区分)

試験区分:一般行政区分は「一般枠」・「行政実務経験枠」・「ICT関係」に分けられ、必要な職務経験と資格がそれぞれ異なる。

試験方法:論文試験は一次選考で実施される。

試験時間: 60分

2.過去の論文課題 (※「一般行政区分」の出題テーマ)

◆2012年

これまでの職務の中で培った自身の経験・知識・能力を、香川県政にどのように活かし、どのような役割を果たしたいか述べなさい。

◆2013年

香川県の特長や現状を具体的に述べるとともに(分野は問わない)、それに関連付けて、あなたがこれまでの職務の中で培った自身の経験・知識・能力を活かして、香川県にどのような貢献ができるかをアピールしてください。

◆2014年

あなたが考える香川県政の課題について、三つ以上具体的に述べるとともに、そのうち一つの課題をとり上げ、その解決に向けて、あなたがこれまでの職務の中で培った自身の経験・知識・能力を活かし、どのような役割を果たせるかを述べなさい。

◆2015年

香川県では、現在策定を進めている次期総合計画(県政運営の基本指針)「新・せとうち田園都市創造計画(仮称)」の素案において、「成長する香川」、「信頼・安心の香川」、「笑顔で暮らせる香川」を三つの基本方針として、21の基本政策を掲げている。(別紙「新・せとうち田園都市創造計画(仮称)素案の概要」)三つの基本方針のうち二つの項目から、それぞれ一つの基本政策を選び、各政策に関係する香川県の課題と、具体的な解決策について、あなたの考えるところを述べなさい。

◆2016年

香川県政が直面している課題を1つ挙げ、その課題を解決するために、あなたがこれまでの職務の中で培った自身の経験・知識・能力を活かし、どのように貢献できるかを述べなさい。また、県民から信頼される公務員となるために何が大切かについて述べなさい。

◆2017年

現在、我が国の人口は、減少局面に入っており、香川県においても、少子化に加え、大都市圏への人口流出もあり、人口減少が本格化しています。 地方における人口減少による弊害を挙げ、その弊害に対し、あなたが香川県職員として、これまでに培ってきた経験・知識・能力を活かして、どのように貢献できるか述べなさい。

2018年

香川県では、人口減少の克服と地域活力の向上を最優先課題に位置づけ、各種施策を進めているところです。あなたが考える、人口減少の克服と地域活力の向上に資する「香川県の強み」を具体的に述べるとともに、その強みをより一層高めるため、あなたがこれまでの職務の中で培った経験・知識・能力を活かし、どのように貢献できるか述べなさい。

◆2019年

最近、あなたが関心を持った新聞記事やテレビ報道の中で、香川県にとって課題になっていると考えられるものを挙げ、その理由を述べた上で、その課題の解決に向けて、あなたがこれまでの職務の中で培った経験・知識・能力を活かし、香川県政にどのように貢献できるか述べなさい。

◆2020年

香川県では、直面する大きな課題として、「災害に強い香川づくり」、「人口減少問題の克服と地域活力の向上」を挙げており、令和2年度当初予算では、「災害に強い香川づくりと人口減少問題克服・地域活力向上に着実に取り組む予算」として、これらの課題に力点を置き事業に取り組んでいるところである。「災害に強い香川づくり」、「人口減少問題の克服と地域活力の向上」のうち、具体的な課題を一つ挙げ、その解決策を述べるとともに、あなたが香川県職員として、これまでに培ってきた経験・知識・能力を活かして、どのように貢献できるか述べなさい。

3.過去の集団討論の課題(※「一般行政区分」でのテーマを掲載)

  • 集団討論は「一般枠」及び「行政実務経験枠」のみ実施される
  • 筆記試験の成績が一定以上の者が対象
  • 出題されるテーマはグループによって異なる

◆2016年

  1. 高松空港からは、今年7月から香港路線が新たに加わり、国際線としてソウル・上海・台北・香港、国内線として羽田・成田・那覇の各路線が開設されている。今後、より一層の利用を促進するために県としてどのように取り組めばよいか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  2. 今後 30 年以内に 70%の確率で発生すると言われている南海トラフ地震に備え、香川県では、香川県南海トラフ地震・津波対策行動計画を策定し、「事前の対策」として、1 県民の防災意識の向上、2 防災を担うリーダーの育成・活用、3 ハード・ソフトを組み合わせた総合的な地震・津波対策などを実施することを定めている。限られた予算の中で、これらの事前の対策をどのように進めていくべきか、あなたの考え方を述べ、討論しなさい。
  3. 本年、瀬戸内海に浮かぶ 12 の島々などを舞台に、現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭 2016」を開催しており、瀬戸内海の美しさやアート、食、文化など瀬戸内の魅力を発信し、交流人口の拡大や地域の活性化につながるよう取り組んでいるところである。今後、香川県の交流人口の拡大や地域の活性化のため、どのような取り組みが必要か、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  4. 今年、香川県内では、交通死亡事故が多発しており、既に昨年1年間の死者数52人を超えて多くの尊い命が犠牲となっている。香川県では、交通事故防止のため、反射材着用の効果などの広報活動や、信号機のLED化や道路標識の高輝化、分かりやすい路面表示など交通環境の整備などに取り組んでいるところであるが、今後、交通死亡事故を減らすために県としてどのような施策を展開していくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  5. 人口減少は、経済規模の縮小、社会保障費の増加ひいては地域社会の衰退等が懸念される深刻な問題である。香川県又は県内自治体は、人口減少対策として、どのような施策を展開していくべきか、あなたの考え方を述べ、討論しなさい。

◆2017年

  • 香川県では、豊島(土庄町)に不法投棄された廃棄物等について、今年3月に豊島からの搬出作業、今年6月に直島の中間処理施設における廃棄物等処理を終了したところである。廃棄物等の不法投棄を未然に防止し、及び監視するために、県としてどのような施策を展開していくべきか。あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  • 平成28年3月に北海道新幹線が開業し、現在、四国だけが新幹線空白地帯となっている。香川県では、新幹線網が整備された地域と、そうでない地域との間では、「大きな格差」が生じてきているとの意見もあることから、遅れをとらないよう四国4県や経済界などと連携し、新幹線について理解を深めていただけるよう取り組んでいるところである。四国の新幹線実現に向けて、県としてどのように取り組んで行くべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  • 香川県では、平成28年4月開催の G7 香川・高松情報通信大臣会合開催のノウハウを活用し、さらなる MICE の誘致を推進するために官民一体となって取り組んでいる。今後、MICE を誘致し、地域経済活性化を進めるためには、どのような取り組みが必要か、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
    ※ MICE:企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称
  • 香川県では、旧県立体育館が老朽化により閉館したため、新県立体育館の整備に取り組んでいる。建設地は、JR 高松駅や高松港からのアクセスが良い「サンポート高松」に決定しており、新体育館は、競技スポーツや生涯スポーツだけでなく、コンサートなど大規模なイベントが開催できる交流推進の機能を併せ持つ施設となり、メインアリーナの観客席5,000人以上を想定している。この新体育館が完成したと仮定して、この新体育館を地域活性化の拠点として活用するには、どのような施策が有効であると考えるか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。

◆2018年

  • 県産品の販路拡大における地域間競争は激化しており、各自治体による首都圏での情報発信の強化や、消費者ニーズの多様化・高度化、インターネットショッピング等の販売チャネルの多様化など、県産品を取り巻く環境は、厳しさを増している。このような中、県産品の一層の振興を図るため、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  • 本県の人口減少の大きな要因の一つに、大学進学者のうち8割を超える若者が県外大学へ進学し、就職等で県外に留まるケースが多いことが挙げられる。人口の社会減に歯止めをかけるには、移住や UJI ターン就職等と併せて、進学・就職時における若者の県内定着を促進することが重要であると考えられる。今後、若者の県内定着を促進するため、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  • 本県の有効求人倍率は高い水準で推移しており、県内企業の人材確保が課題となっている。県内企業が人材を確保し、競争力を維持・向上させるためには、働き方改革を推進し、企業の生産性の向上や柔軟な働き方がしやすい環境整備を図る必要がある。県内企業における働き方改革の推進について、今後、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  • 近年、人口減少や高齢化の進展などの社会構造の変化に伴い、空き家の増加が問題となっている。更なる人口減少等による空き家の増加、それに伴う地域の活力の低下等が懸念される中、今後、空き家対策に県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  • 第4次産業革命と言われる技術革新の中で、IoT や AI などの新たな技術の活用が、本県経済を支える県内企業の競争力強化の大きな鍵になると期待されている。これらの先端技術の活用について、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。

◆2019年

  1. 労働力不足が深刻化し、本県の大学進学者の約8割が県外大学へ進学してそのまま県外で就職する学生が多い中、本県経済を支える県内企業が持続的に発展するためには、優秀な人材を安定的に確保することが重要である。県内企業の人手不足を解消するため、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  2. 海外大手メディアにおいて、旅行先として「瀬戸内の島々」が高い評価を受けるなど、瀬戸内エリアが世界中から注目されている中、ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックといった世界的なスポーツ競技大会が日本で開催される。これら世界的なスポーツ競技大会等を契機に増加が見込まれる訪日外国人観光客の県内への誘客について、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  3. 香川県では、次代を担う子どもたちを安心して生み、健やかに育てることができる「子育て県かがわ」の実現を目指し、「かがわ縁結び支援センター」の利用促進や保育所等の待機児童対策など、様々な取組みを進めているところである。安心して子育てができる香川づくりのために、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  4. 南海トラフ地震は、今後30年以内の発生確率が70パーセントから80パーセントとなっており、いつ発生してもおかしくない状況にあることから、これに備え、香川県では、ハード・ソフト両面から、様々な防災・減災対策を進めているところである。大規模災害の発生に備えるため、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  5. 出入国管理法の改正に伴い、増加が見込まれる外国人労働者や受け入れを行う県内事業所からの相談に対応するため、県では、相談窓口の設置など、様々な取組みを進めているところである。外国人労働者の受け入れ支援や、外国人住民と日本人住民が、共にいきいきと安全・安心で豊かに生活できる環境の整備について、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。

◆2020年

  1. 香川県では、本年4月から運用を開始した新しい防災情報システムにおいて、新たに「防災アプリ」を導入し、ソフト対策の充実に取り組んでいるところである。「災害に強い香川づくり」の推進にあたり、ソフト面で県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  2. 香川県では、全国初の試みである路面シート「おもてなシート」の整備など、交通死亡事故の抑止を喫緊の課題として、取り組んでいるところである。交通事故のない安全安心な香川をつくるにあたり、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  3. 香川県では、若者の大都市圏への流出に歯止めをかけるため、若者の就業率が高く、将来の成長が見込まれる情報通信関連産業の育成・誘致に取り組んでいるところである。情報通信関連産業に限らず、若者の大都市圏への流出を防ぐため、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  4. 香川県では、国内外からの観光客に対して、本県の食や県産品の販売を促進する「かがわの食」Happy プロジェクトを新たにスタートさせるなど、県産品の認知度向上とブランド力の強化に取り組んでいるところである。県産品のブランド力の強化・販路拡大を図っていくうえで、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  5. 香川県では、地域密着型のスポーツチームへの活動支援等を通じて、県民のチームに対する愛着を育み、応援する機運の醸成に努めているところである。スポーツを通じた地域の活性化を図るにあたり、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  6. 香川県では、地域の元気な高齢者等を、介護の周辺業務を行う介護助手として育成し、継続雇用につなげるための取組みを行うなど、元気な高齢者等の活躍の支援を行っているところである。高齢者等の活躍を支援していくにあたり、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  7. 香川県では、本県の認知度やブランド力を向上させるため、夜型観光コンテンツの造成促進などに取り組んでいるところである。交流人口の拡大の推進にあたり、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。
  8. 香川県では、人口減少が進む中、県及び各市町が、住民サービスを効果的・効率的に提供するとともに、新たな課題に対しても、より主体的に挑戦していけるよう、県と市町及び市町間の柔軟な連携を一層推進するための検討を行っているところである。県と市町、市町間の柔軟な連携を推進していくにあたり、県としてどのように取り組んでいくべきか、あなたの意見を述べ、討論しなさい。