【過去問】青森県 社会人採用(論文試験)出題テーマ一覧


はじめまして。

公務員試験「社会人採用」専門予備校Gravityです。

青森県庁の採用試験(社会人採用)論文試験における過去の出題テーマを掲載しています。

効果的な論文対策を進める上では、過去問の分析や実際の演習が欠かせません。

以下の過去問を参照し、日頃の論文対策にご活用ください。

1.試験概要

試験方法:論文試験は一次試験日に実施

試験時間: 60分

文字数:800字以内

2.過去の論文課題 (※「行政区分」の出題テーマ)

◆2012年

本県の一人当たりの県民所得は全国的に低い水準にあります。県民所得を高めるため、農林水産業や商工、観光業などの産業分野のうち特定の分野をあげながら、重点的に展開すべき具体的な方策とその効果について、あなたの考えを述べなさい。

◆2013年

青森県が抱える課題を一つ挙げ、それに対する、あなたの考えを述べなさい。

◆2014年

これからの公務員像について述べなさい。

◆2015年

あなたがどのようなきっかけで本県の職員採用試験を受験しようと考えたのか、またこれまで培ってきた経験を生かし、県職員としてあなた自身がどう貢献できるかについて述べなさい。

◆2016年

あなたが社会に出てからこれまでの間に達成感を得られた出来事と、その経験を県職員として今度どのように活かしていくかについて述べなさい。

◆2017年

行政と民間事業者との協働・連携のあり方について、これまでの経験を踏まえながらあなたの考えを述べなさい。

2018年

高齢者がその能力を活かし、生き生きと活躍できる場を創出するために、どのように取り組むべきかあなたの考えを述べなさい。

◆2019年

人口減少し、超高齢化時代を迎える青森県が今後も地域として生き残るために、今、特に力を入れて取り組むべきことについて、あなたの考えを述べなさい。

◆2020年

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」が公表されていますが、これを踏まえ今後の社会経済の在り方についてあなたの考えを述べなさい。