【過去問】秋田県 経験者採用(論文試験)出題テーマ一覧


はじめまして。

公務員試験「社会人採用」専門予備校Gravityです。

秋田県庁の採用試験(職務経験者採用)論文試験における過去の出題テーマを掲載しています。

効果的な論文対策を進める上では、過去問の分析や実際の演習が欠かせません。

以下の過去問を参照し、日頃の論文対策にご活用ください。

1.試験概要

試験区分:職務経験者は大卒程度の試験に含まれる(行政C及び教育行政Bという区分となる)

試験方法:論文試験は一次試験で実施され、論文試験Ⅰ(各区分共通)と論文試験Ⅱ(試験区分に関連した課題)の2題が出題される。

試験時間: 各論文試験 60分

文字数:800字以内

2.過去の論文課題 (※「行政(教育行政)区分」の出題テーマ)

論文試験Ⅰの論文課題 (各区分共通)

◆2008年

秋田県の良さを紹介し、より住みやすい秋田県にするための対策について、あなたの考えを述べなさい。

◆2009年

活力ある地域づくりのために、秋田県が果たすべき役割は何か、あなたの考えを述べなさい。

◆2010年

秋田を元気にし、「ふるさと秋田」に住み続けるために県がすべき事は何か、あなたの考えについて具体例を挙げて述べなさい。

◆2011年

秋田県が直面している課題は何か。また、その課題を克服するための対策について、具体例を挙げて述べなさい。

◆2012年

あなたが考える秋田県の「長所」は何か。また、それをどのように活用すれば、秋田県が今より豊かで素晴らしい地域になるか、具体例を挙げて述べなさい。

◆2013年

あなたは秋田県の現状をどのように考えていますか。その現状を踏まえ、秋田県の未来をどのような姿にしたいですか。具体例を挙げて述べなさい。

◆2014年

日本全体で人口減少が進み、2040年には秋田県の人口が70万人まで減少するという推計も発表されています。地域社会を維持していくために、住民が主体となった自治活動を推進する上での、個人(自助)、地域(共助)、行政(公助)それぞれの役割について、あなたの考えを述べなさい。

◆2015年

人口減少が進む中で移住・定住が課題となっています。首都圏などから秋田への移住・若者の県内定着を進めるために、どのように取り組むべきか。あなたの考えを述べなさい。

◆2016年

あなたの考える「日本に貢献する秋田、自立する秋田」の姿はどのようなものか述べなさい。

◆2017年

秋田県の課題について一つ取り上げ、「ピンチはチャンス」又は「逆転の発想」をキーワードにして、その課題を解決するにはどうすればよいか、あなたの考えを述べなさい。

◆2018年

秋田県では、第3期ふるさと秋田元気創造プランを策定し、人口減少の克服を最重要課題と位置づけ、直接的な人口減少対策である「攻め」の取組と、人口減少下にあっても県民の安全・安心な生活を確保する「守り」の取組の両面から、人口減少の克服に向けて取り組んでいます。あなたが考える、秋田県にとって必要な「攻め」と「守り」の取組について、それぞれ具体例を挙げて述べなさい。

◆2019年

地域の住民や観光客が気付かない秋田県の魅力を一つ挙げ、その魅力を知ってもらい、また、活かしていくためにはどうすればよいか、あなたの考えを述べなさい。

◆2020年

人口減少社会において、本県ならではの強みを生かして、「将来に夢を持てる秋田の創生」を実現するために、どのような取組が必要か、具体例を挙げて、あなたの考えを述べなさい。

論文試験Ⅱの論文課題(行政C・教育行政B区分)

◆2008年

あなたが職務経験の中で最も成功した事例を簡潔に挙げ、その際にあなたのどのような努力が功を奏したのか、またその経験から得たものを述べなさい。

◆2009年

あなたが「プロフェッショナル」だと自負することについて述べなさい。

◆2010年

「秋田県の可能性」を挙げ、その可能性を民間の職務経験を活かし、現実のものとするためには、どのようにすればよいか、あなたの考えを述べなさい。

◆2011年

あなたの職務経験から得たものは何か。また、それをどのように秋田県のために活かすか、具体例を挙げて述べなさい。

◆2012年

いわゆる「公務員批判」について、あなたはどのように考え、また採用された場合、どのように対処しますか。これまでの職務経験を踏まえて述べなさい。

◆2013年

あなたがこれまでの職務経験で得たものは何ですか。また、それをどのようにして秋田県の課題の解決に結びつけますか。具体例を挙げて述べなさい。

◆2014年

人間の行動や判断によって発生するミスを、「人為的なミス」、「ヒューマンエラー」などと呼び、企業や行政においては「事務ミス」とも言われています。こうした人為的なミスに対する予防や対応などについて、職務経験を踏まえ、あなたの考えを述べなさい。

◆2015年

これまでの職務経験の中で、あなたが改善に取り組んだ事例について述べなさい。

◆2016年

顧客満足度を上げるために、あなたが取り組んだことは何か。また、その取組は、どのように行政に活かせると思いますか。あなたの考えを述べなさい。

◆2017年・2018年(同一テーマであった)

求める人材像を踏まえ、あなたがこれまで培ってきた職務経験の中で最もアピールできるものは何ですか。また、それを、どのように秋田県のために活かしますか。具体例を挙げて述べなさい。

※「求める人材像」はページ下部参照

◆2019年・2020年(同一テーマであった)

あなたがこれまで培ってきた職務経験の中で最もアピールできるものは何ですか。また、それを、どのように秋田県のために活かしますか。「求める人材像」を踏まえ、具体例を挙げて述べなさい。

※「求める人材像」とは、多様化する行政ニーズに応えられる、企業などで培った経験や専門的な知識・能力、民間のノウハウを有する人(民間経験者に求める人材像)もしくは、公務員として培った経験等を活かし、即戦力となる人(公務員経験者に求める人材像)