【過去問】滋賀県 社会人採用(論文試験・集団討論)出題テーマ一覧


はじめまして。

公務員試験「社会人採用」専門予備校Gravityです。

滋賀県(経験者採用)論文試験・集団討論における過去の出題テーマを掲載しています。

効果的な論文対策を進める上では、過去問の分析や実際の演習が欠かせません。

以下の過去問を参照し、日頃の論文対策にご活用ください。

1.試験概要

試験時間:90分

文字数:1000字程度

備考:滋賀県庁では2017年度から経験者採用試験を実施

2.過去の論文課題

◆2017年

空き家や空き店舗が発生する社会的背景や、そこから将来生じると思われる課題を踏まえ、空き家または空き店舗を活用した地域活性化策について、あなたの考えを具体的に述べてください。

◆2018年

地域が発展していく上で、公(行政)と民(民間企業等)の連携は大変重要となるものですが、今後、滋賀県においては公と民がどのような分野で役割分担や連携をしていくべきか、あなたの考えを述べてください。

2019年

滋賀県の人口は、2013年ごろをピークに既に減少局面にあると考えられ、今後、本格的な人口減少社会に突入していくことが予想されています。
様々な問題が指摘される人口減少社会ですが、一方で、どのような点にプラスの可能性を見出すことができるか具体的に挙げて、それを実現するために滋賀県はどのような取組を進める必要があるか、あなたの考えを述べてください。

◆2020年

昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大やテレワークの普及等により、社会の在り方が「都市集中型」から「地方分散型」への転換期を迎えていると言われています。これを機に、滋賀県で地方創生を図るに当たり、県はどのような取組を行うべきか、滋賀県の特性を明確にした上で、あなたの考えを述べてください。

3.過去の集団討論の課題(※「行政職」でのテーマを掲載)

◆2017年

滋賀県では、平成24年度から、滋賀ならではの資源や素材を活かし、心の豊かさや上質な暮らしぶりといった滋賀らしい価値観を持つ商品やサービスを、自薦・他薦により広く募り、「選び」「魅せる」ことで、その良さを発信し、多くの方に体感いただき、滋賀の商品やサービスのファンとなっていただけるように、「ココクール・マザーレイク・セレクション」に取り組んでいます。あなた方は、「ココクール・マザーレイク・コレクション」の認知度およびブランド力をさらに向上させるために設けられたプロジェクトチームのメンバーです。皆さんでどのような取組を行うべきか討論し、結論としてまとめてください。

◆2018年

外国人労働者の受け入れを拡大することについて、効果と課題を踏まえて討論し、グループの意見としてまとめてください。

◆2019年

近年、高齢化の進展に伴い、高齢ドライバーによる交通事故が社会問題となっています。この解決に向けて、どのような取組が必要か、その功罪を踏まえて討論し、結論としてまとめてください。

◆2020年

行政ニーズは多様化・複雑化している一方で、少子高齢化の影響により社会全体では人口が減少しています。こうした状況下において、今後、公務員の数の増員あるいは削減のいずれを行うべきだと考えますか。グループで討論し、結論をまとめてください。