行政知識マスター講座

全国の「自治体志望者」必見!
公務員試験のスタートはここから!

「論文試験の点数が伸びない…」
「面接官の反応が悪かった…」


このように、論文や面接で得点が伸びない原因の1つとして、基本的な知識や行政への理解が欠落していることが挙げられます
社会人採用試験は、公務員の世界(行政という業界)への転職活動です。大学生が就職活動で業界研究を行うように、社会人の転職活動でも業界研究が不可欠となってきます。

社会人採用試験で不合格となる受験生の多くは、この業界研究が圧倒的に不足しています。
公務員を目指す以上は、行政の各種制度や基本知識を理解しておくことが大切です。
論文で政策を提案する場合や面接で行政のあり方を述べる際なども、基本的な知識の有無によって、内容の深さや説得力も変わってきます

まさに、基本知識を把握しておくことは、論文試験や面接試験での土台(基礎体力)となってくるのです。

この講座では、公務員試験を目指す受験生(特に自治体職員を目指す受験生)が必ず覚えておくべきテーマや話題について解説していきます。内容は「基本」ですが、決して「簡単」ということではありません。
この「行政知識マスター講座」を受講した後、自治体職員を目指すあなたの視野は広がり、行政に対する見え方や考え方が大きく変わっていることでしょう。

これから始まる試験対策の大前提として、「行政知識マスター講座」をご活用ください。

講座の内容

本講座では、自治体職員を目指す上で重要となる行政知識の定着を図ります。
講義では、教養試験や論文試験、面接試験で役立つ情報のみを取り上げているため、無駄なく効率的に重要知識をインプットすることが可能です。参考までに、講義テーマの一部を掲載します。

※参考:講義テーマ(一部抜粋)

①国・都道府県・市町村の役割の違い、②憲法・法律・条例の違い、③地方政治の仕組み、④近年の行政改革、⑤地方分権の歴史、⑥住民参加の仕組み など)

対象

地方自治体の職員を目指す受験生
※都道府県・特別区・市役所を志望する受験生

受講期間の目安
(講義回数)

1ヵ月
※講義回数:全10回

受講方法

「オンライン講義(動画視聴)」(※全10回)

※1.5倍速や2倍速などでの受講が可能です。
※スマートフォンからでも受講が可能です。
※好きな時間や場所で受講することができます。
※講義は1回当たり30分前後としており、無理なく受講できます。

使用教材

PDFファイルの提供

料金

24,000円


(税込)

※ 支払い方法は、原則としてクレジットカード(一括)となります(銀行振込をご希望の場合はご連絡ください)。
※ お支払い後の返金には対応しておりませんので、講座内容を熟読の上、お申込みください。

お申込み方法

以下の「お申込フォーム」から申込手続をお願いします。

※入力するメールアドレスは、GmailやYahoo!メールを推奨します。(Gmailのアドレス取得はこちら(無料))
※お申込みに当たり、「hotmail.com」や「outlook.com」、「msn.com」のメールアドレスは使用できません。
※また、キャリアメール(docomo、au、softbankなど)もご使用になれません。

注意事項(※必ずお読みください)

  • 講義の受講期限は、2022年9月3日までとなります。
  • お支払い後の返金には対応しておりませんので、講座内容を熟読の上、お申込みください。
  • 本講座は閲覧専用であり、質問等への個別指導は実施しておりません。

お申込みの流れ(※利用の流れ)

STEP1 申込手続(お支払い)
上記の「お申込みフォーム」から申込手続を行ってください。
※申込手続(お支払い)が完了すると、登録のメールアドレスに「領収書メール」が届きます(「迷惑メールフォルダ」に届いていることがあります)。
※「領収書メール」が届かない場合はこちら
STEP2 URL及びパスワード送付
お支払いの確認後、事務局から翌日までに講義視聴用の「①URL」と「②閲覧パスワード」をメールにて送付いたします。
※事務局から連絡がない場合は、「お問合せフォーム」からご連絡ください。 「お問合せフォーム」はこちら
STEP3 受講開始
送付されたURLをクリックし、閲覧パスワードを入力して講義を受講してください。